保健室

Dispensary

保健室では、学内でのケガや急病になった場合の応急処置、大学近隣の医療機関の紹介等を行っています。また、毎年4月に健康診断を実施し、疾病の早期発見や予防を行うことで有意義な学校生活を送れるようサポートしています。

本校舎

場所 12号館1階
開室時間 月曜日~金曜日 9:00 ~ 17:00
土曜日(隔週) 9:00 ~ 13:00

※月2回、学校医(内科医師)が診察や健康相談を行っています。
詳細については保健室にお問い合わせください。

三島駅北口校舎

場所 2階
開室時間 月曜日~金曜日 10:00 ~ 17:00
土曜日(隔週) 9:00 ~ 13:00

定期健康診断について

学校保健安全法に基づき、定期健康診断を毎年4月に実施します。
定期健康診断を受診できなかった場合は、実費で医療機関において健康診断を受診することになります。

健康診断証明書の発行について

健康診断証明書は、定期健康診断の結果に基づき発行します。
データー入力が終了する5月上旬頃から、本校舎本館1階・三島駅北口校舎1階の自動発行機で発行できます。
健診で精密検査を指示された方は、学校医の診察や医療機関での再検査を受けないと健康診断証明書は発行されません。
自動発行機で発行できない場合は、保健室までお問い合わせください。

学校感染症にかかったら

学校保健安全法施行規則により、以下の感染症にかかった場合は出席停止の扱いになります。

学校感染症の種類(学校保健安全法施行規則第18条)

第一種感染症 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、マールブルグ熱、ラッサ熱、ポリオ、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARS(サーズ)コロナウイルスであるものに限る)、鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルA属インフルエンザAウイルスであってはその血清亜型がH5N1であるものに限る)
※上記の他、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症
第二種感染症 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹、水痘(みずぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第三種感染症 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の感染症
※この他に条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患として、溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症、アタマジラミ、水いぼ(伝染性軟疣腫)、伝染性膿痂疹(とびひ)

主な学校感染症の出席停止期間

病 名 出席停止期間
インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで
風疹(三日ばしか) 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) 全ての発疹がかさぶたになるまで
麻疹(はしか) 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺、または舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
百日咳 特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
結核 病状により医師が感染の恐れがないと判断するまで
流行性角結膜炎
(はやり目)
病状により医師が感染の恐れがないと判断するまで
髄膜炎菌性髄膜炎 病状により医師が感染の恐れがないと判断するまで

学校感染症と診断された場合は、保健室に必ず連絡してください。
医師の指示に従い登校が許可されたら「学校感染症治癒証明書」を以下からダウンロードして、受診先の医療機関に作成を依頼し、受領後は速やかに保健室に提出してください。

学校感染症治癒証明書

※ 感染拡大を防止するため、出席停止期間中は友人との接触は避けてください。

※ 麻疹(はしか)・風疹等にかかっていない、もしくは予防接種を実施していない場合は、自己防衛及び感染拡大防止の観点から予防接種の実施が推奨されています。罹患や接種の状況は母子手帳やご家族に確認してください。また、抗体検査による確認や予防接種については医療機関にご相談ください。なお、不明な点がありましたら保健室までお問い合わせください。
(保健室連絡先:055-980-0851)