言語教育

Language Education

言語教育

世界で活かせる「コミュニケーション能力」を養う
学生の習熟度に合わせて教員がきめ細かく指導します。外国語の力を段階的に高めていけるカリキュラムで、ネイティブによる指導も充実。英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、韓国語、ロシア語、アラビア語、スワヒリ語、モンゴル語、インドネシア語、ベンガル語、マレー語の13言語から複数選択でき、世界で生かせる高度な語学力とコミュニケーション能力を身につけます。また、翻訳・通訳などを中心に学べる上級者向けの科目も開講しています。日頃触れる機会の少ない言語を学べることはとても貴重な経験になります。その国の人々や生活、文化や価値観をもっと深く学びたいと思える良いきっかけとなります。
多彩な13言語から選択可能

自由度の高い言語科目選択で、個々に合わせた語学学習が可能になりました。

  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • 中国語
  • スペイン語
  • 韓国語
  • ロシア語
  • アラビア語
  • スワヒリ語
  • モンゴル語
  • インドネシア語
  • ベンガル語
  • マレー語
英語特別クラスを開講!

英語力の高い学生を対象とした「英語特別クラス」では、通常は日本語で行われる授業などを「英語で」受講できます。英語に接する時間を増やすことで英語能力が向上し、TOEFL®TOEIC® で高得点が期待でき、さらに世界で活躍する人材を育てます。

能動的な講義参加スタイルで自分は変わった

国際総合政策学科 2年
土居 海斗 さん

英語特別クラスの1年次は、国際関係論入門や国際文化論入門、世界近現代史などの必修科目を英語で受講します。 講義では全般的にプレゼンテーションや発言をする機会が多いのが特徴です。 特に興味深かった講義は、教育や環境をテーマにアカデミックエッセイを執筆する特殊講義と、 プレゼンテーションの仕方やノートの効率的な使用方法を学ぶ学際研究です。 その多くは能動的な講義参加スタイルのため、発信することに対するためらいが無くなりました。 英語特別クラスでの1年間で自分が様々な面で変化していると実感しています。

実践的な学びが将来の夢につながる

国際教養学科 4年
笹島 渉 さん

海外の学校で生徒に日本語や日本文化を教えるティーチング・インターンシップ・プログラムに参加するためモンゴル語を選択しました。 13もの豊富な言語から複数選択でき、少人数制のクラスで単語や発音、文法を詳しく学びます。 実践的に学べる環境のおかげで、現地の人と積極的にコミュニケーションを図ることができ、教育関係の仕事にも興味を持ちました。 今後もモンゴル語を継続的に学び、日本語教師の資格取得を目指します。