英語特別クラス

English Class

英語特別クラス

英語でコミュニケーションする力を養い、自己表現力に磨きをかける

  • 英語力を伸ばして留学を目指す
  • 日本を外から見ることで自分の世界を広げる
  • 留学を通し将来の夢を見つける
  • 新しい自分になるための推進力にする

通常日本語で行われる講義を「英語で」受講することが可能

講義だけでなく、教員と学生の日常会話も英語を基本としています。

  • 1〜2年生各30~35人の特別クラス
  • 英語は最上位クラスで受講(週4コマ)
  • 2年次からは交換留学生と同じクラス
  • 年2回無料でTOEFL ITP®テストを受験できる

講義紹介

英語特別クラスで受講する特徴的な講義をピックアップして紹介します。

特殊講義 Ⅰ

英語でのプレゼンテーションテクニックや方法論を学びます。ニュースや時事問題からテーマを選び、講義内で発表します。

学際研究 Ⅰ

英語でエッセイを書くことで、英語での説明能力や文章表現力を学びます。学生が執筆した原稿を教員が添削し、再執筆するサイクルを繰り返します。

Japan StudiesⅠ~Ⅵ

英語で日本を学ぶ講義。宗教思想、日本文学、文化史、日本社会、政治経済の分野があります。

英語特別クラス所属学生の留学先は、過去5年間の集計ではアメリカ方面が半数を占めています。

TOEFL ITP®テストの演習に特化した「資格英語」という講義があり、2018年度入学の英語特別クラス生は1年半でスコアが平均45.2点アップ。上位10名の平均は535.7点(満点677点)でした。

国際総合政策学科
熊木 秀行 准教授

英語特別クラスや留学を通し、外国語を使って自分の考えを表現することの奥深さ、素晴らしさを感じてほしいと思っています。英語力が伸びる人は、失敗を恐れないチャレンジ精神があり、疑問をクリアにする探求心を持っています。また、ポジティブで主体的な行動ができ、感情表現豊かでよく笑います。英語特別クラスで学んだこと、留学で体得したことは、必ず、将来に役立ちます。

interview

英語特別クラスならではの魅力

国際教養学科 2年
原 夏帆 さん

英語特別クラスでは、英語や歴史などの講義が全て英語で行われます。英語でプレゼンテーションをする機会が多く、「特殊講義Ⅰ」という講義ではネイティブの動画を教材に、英語の表現や相手に伝わるプレゼン方法を学びます。私は英語圏に10年住んでいた帰国子女ですが、クラスメイトとのディスカッションや発表の相互評価で、自分に足りないものや改善点がわかります。英語特別クラスがあることと、日英の教員免許が取得できるのは、本学の大きな魅力です。

私の見聞録
講義で“TED Talks”の動画を見て、自分の伝えたいことが伝わる、力強いプレゼンテーションを心掛けるようになった。