大学院担当教員紹介

Graduate School Core Teaching Faculty

専任教員(教授)

教員名クリックで教員紹介ページへリンクします。

氏名 職名 現在の研究テーマ
青木千賀子
CHIKAKO AOKI
特任教授
  1. 貧困・開発・教育とジェンダー
  2. 国際社会におけるマイノリティ
  3. 少子化と子育て支援政策に関する国際比較
淺川道夫
MICHIO ASAKAWA
博士(学術)
教授 近代日本の政治・軍事史
石田勝之
KATSUYUKI ISHIDA
教授 アメリカと日本の比較政治を中心とする各国が今日抱える政治諸問題
井上桂子
KEIKO INOUE
Ph. D.
教授 孫文と宮崎滔天一族の関係
梅本順子
JUNKO UMEMOTO
博士(国際関係)
教授
  1. 来日外国人の異文化理解
  2. 明治期の日本人の異文化体験
井上健
KEN INOUE
教授
  1. 日米比較文学
  2. 日本近代文学
  3. アメリカ文学
  4. 翻訳:理論と実践
  5. 翻訳文学史
円居総一
SOICHI ENKYO
Ph. D.
教授
  1. ユーロ危機を含む世界金融危機とデフレ問題、市場の機能と規制、エネルギーと経済、経済成長への課題と政策選択等
  2. グローバル化の深化と地域経済連携、共同市場化(アジアを含む経済共同体化の問題、FTA,EPA,TPPとグローバル化)
  3. EUの債務危機とユーロ、通貨統合負担のメカニズム
  4. エネルギーの長期波動と経済変動、原子力を含む社会経済の基盤インフラとしてのエネルギー選択のあり方
  5. 環境政策の経済・金融手法と社会システム化
  6. 国家資本主義経済(中国)の台頭と世界経済の構造変化
大淵三洋
MITSUHIRO OFUCHI
博士(国際関係)
教授
  1. イギリス正統派経済学と財政論
  2. ヨーロッパ経済の深化と拡大
  3. 新段階の欧州統合
  4. 租税の基本原理とアメリカ租税論の展開
  5. 古典派経済学の自由観と財政思想の展開
  6. 国際観光の大衆化と情報化社会
小野健太郎
KENTARO ONO
教授
  1. 意思の欠缺
  2. 瑕疵ある意思表示について
堅尾和夫
KAZUO KATAO
博士(工学)
教授 現在の化学物質規制制度は、既存化学物質の扱い、試験法の不備、規制対象の機械的限定などの点で、新たに開発されつつあるナノ材料がもたらす新たなリスクに対応できないとの懸念がある。これらの問題点について、世界各国の研究状況、議論を調査研究し、今後の日本の化学物質の人の健康、環境への影響についてリスク管理の制度的課題を明らかにすることに取り組んでいる。
神山眞理
MARI KAMIYAMA
教授
  1. 絵画空間の図学的研究-日本と西洋の比較
  2. 紙を用いた造形作品の制作及び研究
  3. 世界の現代美術の動向
小代有希子
YUKIKO KOSHIRO
Ph. D.
教授
  1. 21世紀における 第二次世界大戦の意味
  2. 国際関係における文化、人種、イデオロギーの諸問題
  3. 日本の外交と国際交流の視差
  4. 日米関係
今野守
MAMORU KONNO
特任教授
  1. ドイツ国民スポーツ振興計画にみるコミュニティ形成
  2. わが国の国民スポーツ政策
重松博之
HIROYUKI SHIGEMATSU
任期制教授 国際金融市場におけるソブリンリスクと日本財政のサスティナビリティ
角田哲康
TETSUYASU SUMITA
Ph. D.
教授
  1. ウナムーノ哲学
  2. スペイン思想
  3. キリスト教思想・文化
  4. ヨーロッパ文化研究
高橋章
AKIRA TAKAHASHI
教授
  1. 日米比較研究
  2. 日米比較文化
  3. キリスト教文化 (思想・文学)
田中徳一
TOKUICHI TANAKA
博士(国際関係)
教授
  1. 東西比較演劇研究
  2. 筒井徳二郎一座海外公演と異文化接触
  3. ドイツ民衆劇と身体文化論
鄭勛燮
CHUNG HUNSUP
博士(国際関係)
教授 国際政治理論、北朝鮮の核開発問題
永塚史孝
FUMITAKA NAGATSUKA
教授
  1. 教育と公共性
  2. 教員養成
西田司
TSUKASA NISHIDA
博士(国際関係)
Ph. D.
教授
  1. 不確実性減少理論
  2. 初期のコミュニケーション
  3. コミュニケーション行動の分析モデル
  4. 内集団、価値観、行動
生内裕子
YUKO HAENOUCHI
教授  
濱屋雅軌
MASAKI HAMAYA
博士(国際関係)
教授
  1. 日米関係史・日米交流史
  2. 日本と西洋の関係と交流の歴史
  3. 近現代におけるアジア太平洋地域の国際関係・国際交流
  4. 日本の伝統と国際化
福井千鶴
CHIZURU FUKUI
教授
  1. ラテンアメリカ社会を中心にした、貧困諸問題、貧困改善策、人間開発の状況、格差の問題の研究
  2. 南米における日本人移民社会、日系人の様相
  3. 来日南米日系人の様相、出稼ぎ問題、若者空洞化、日本社会における地域社会との多文化共生
  4. 南米日系人の地位向上の研究
平野明彦
AKIHIKO HIRANO
教授
  1. ヤスパース哲学
  2. グローバリズムと多文化主義
  3. 20世紀ドイツ思想
法專充男
MITSUO HOSEN
Ph. D.
教授
  1. 1990年代後半以降の日本のデフレ
  2. 現在の日本経済、アジア経済、アメリカ経済の問題点とリスク要因
  3. デフレ下における日本の公的年金の持続可能性
宗形賢二
KENJI MUNAKATA
教授 アメリカにおける表象文化研究
安元隆子
TAKAKO YASUMOTO
教授
  1. 石川啄木を中心とした日本近代文学研究
  2. チェルノブイリ原発事故をめぐる文学
  3. 白系ロシア人文学・文化を中心とした日本におけるロシア文化の受容
  4. 抗日戦争において日本帝国主義と闘ったエスぺランチスト・長谷川テルの研究
  5. 朝鮮人と連帯した虚無主義者・金子ふみ子の研究
  6. スベトラーナ・アレクシェービッチの研究
吉本隆昭
TAKAAKI YOSHIMOTO
教授
  1. 国家安全保障
  2. 政軍関係
  3. 戦略論
  4. 軍事史・戦争史
渡邊武一郎
BUICHIRO WATANABE
Ph. D.
教授
  1. 真言密教の教理と実践についての文化人類学的研究
  2. 真言密教における身体観についての文化人類学的研究
  3. フィリピン低地キリスト教徒のコスモロジーについての文化人類学的研究
  4. フィリピンの民俗医療についての文化人類学的研究
山中康資
YASUSHI YAMANAKA
博士(工学)
教授
  1. 地球環境問題
  2. 環境対策技術とエネルギー問題
  3. 水辺の環境対策
  4. 森林整備対策
  5. 科学・技術の変遷

専任教員(准教授)

教員名クリックで教員紹介ページへリンクします。

氏名 職名 現在の研究テーマ
川口智彦
TOMOHIKO KAWAGUCHI
准教授
  1. 北朝鮮をめぐる国際関係
  2. 韓国の政治と経済
高塚浩由樹
HIROYUKI TAKATSUKA
准教授
  1. アルベール・カミュ研究
  2. 20世紀半ばのフランス文学およびフランス社会の研究
蓼沼智行
TOMOYUKI TADENUMA
准教授  
陳文挙
CHEN WENJU
博士(経済学)
准教授
  1. 中国の経済発展研究
  2. 中国の産業経済研究
冨岡丈朗
TAKEAKI TOMIOKA
准教授
  1. 世界のODA(政府開発援助)
  2. 日本の国際協力(政府及びNGO/NPO)
  3. 地域研究(開発途上国全般)
  4. PCM(Project Cycle Management)

客員教授

氏名 職名 現在の研究テーマ
石井明
AKIRA ISHII
客員教授
  1. 東アジア国際関係史
  2. 現代中国研究
  3. 第2次世界大戦後の中ソ関係
  4. 日中関係

非常勤講師

氏名 職名 現在の研究テーマ
黒川祐次
YUJI KUROKAWA
博士(国際関係)
講師
  1. 日本の外交
  2. 途上国における国際紛争
  3. 仏語圏アフリカの政治・外交
  4. ウクライナの政治・外交
岡本博之
HIROYUKI OKAMOTO
博士(国際関係)
講師
  1. 多国籍企業の企業文化
  2. 国際ビジネスにおけるITの進展
  3. 地球温暖化問題と温室効果ガスの排出権取引
加藤雅功
MASANORI KATO
講師
  1. 伊豆地域 (半島) の地誌学的研究
  2. 水辺と水環境問題の研究
  3. 日系人と日本町形成の歴史
小林通
TORU KOBAYASHI
博士(国際関係)
講師 国際分業に関する理論を時系列的な分析方法により捉らえ研究してきている。まず、学説史的視点で産業革命以前の16~18世紀イギリスの経済状況に接近し、そこで展開された理論を分析し、現代の複雑多岐にわたる国際貿易、 国際経済の諸現象に国際分業をどの様に再編成し、再構築することで利用できるかを解明しようと試みている。
佐々木久信
HISANOBU SASAKI
講師
  1. 経済成長の理論と歴史
  2. 占領期の日本経済 
  3. 戦時経済
  4. 軍需産業
  5. 戦争の違法化
佐藤三武朗
SABURO SATO
博士(国際関係)
講師
  1. 明治のインテリに及ぼしたシェイクスピアの影響
  2. 比較文化・文学の視点から見た現代日本文学と西洋文学
  3. アメリカに渡った日本人の苦悩と軌跡
  4. 異文化の相克  日本人と西洋人の価値観の相違
吉田正紀
MASANORI YOSHIDA
Ph. D.
講師
  1. 異文化結婚:東南アジアの異宗教結婚
  2. ジャパニーズ・ディアスポラ-多様な日本人の世界への拡散
  3. 多民族社会における複数医療システム
  4. 米国における異人種・異民族・異宗教結婚の歴史的動向

※ 非常勤講師(客員教授含む)は9名

※ 専任教員と非常勤講師(客員教授含む)の比率は78% (平成29年4月1日現在)