留学レポート

Study Abroad Report

短期海外語学研修

頂上に到着し広大な荒野に感動

短期海外語学研修のイメージが大きく変わった濃い1か月

国際総合政策学科 4年
野口 寛文 さん

アメリカ
● TIEC(テキサス・インターナショナル・エデュケーション・コンソーシアム)

約1か月間

1か月間でどれだけ成長できるか試してみたいという思いから、参加しました。1日1日を無駄にせず本気で取り組もうと決めていたため、勉強や新しい出会いの場では一切日本語を使わず英語で話すようにしました。放課後や休みの日は、サークル、学内や観光スポット巡り、学内イベントに参加し、何事にも積極的な姿勢で臨みました。外国人グループでの会話に最初は戸惑いましたが、話のキーワードから流れを推測し、分からないことは恥ずかしがらずに聞くことで、スムーズに英語で会話できるようになりました。1か月という短い期間でしたが、やり方や取り組み次第で英語力が向上することを確信し、今後も様々な事に挑戦したいという思いが強くなりました。

WATCH-「見」

ホームレスが多い地域をホストファミリーと車で通った時、窓を開けて当たり前のようにチップをあげる姿を見て驚いた。

LISTEN-「聞」

チップ制度は「助け合い」でもあると感じ、余計にお金を払うというこれまでの自分の概念が覆った。

日本語専攻の学生との放課後の活動風景

カウボーイのような博物館のスタッフの方と

野口さんの留学STEP

短期海外語学研修のイメージが大きく変わった濃い1か月

1
年次
長期休暇中の短期海外語学研修を志望
教職課程を履修しており、半年以上の留学と教員免許取得の両立は難しいため、長期休暇を有効活用した短期海外語学研修を志望。

2
年次
【10月】説明会に参加
3年次は実習が忙しくなることを踏まえ2年次のうちに英語圏の研修に行こうと決めた。
【2~3月】短期海外語学研修
参加できる自由イベントは全て参加。バレンタイン時の学内イベントでは、世界各国の学生や近隣の大学に通う人々と交流。

3
年次
【4月】留学ガイダンスで研修レポート
「1か月では何も変わらないのではないか」と思っていた自身の1年生の頃を思い出し、実際に行って気づいた短期海外語学研修の魅力や、英語の向上のために研修中に気をつけたことを熱弁。

将来
学びを生かし英語の楽しさを伝えたい
1か月の研修で見つかった英語に対する課題と向き合い、今後も海外で多くのことを学び、得たもの・感じたものを英語の教師として生徒に還元していきたい。

ティーチング・インターンシップ・プログラム(TIP)

中学生がセントアンソニーの校訓を書道で披露

現地で感じた文化の違いを、今後の学びに生かす

国際教養学科 4年
望月 菜乃 さん

オーストラリア
● St.Anthony's Catholic College

約2か月間

日本語教員養成プログラムを受講しており、外国での日本語教育について知る良い機会であると考え志望しました。現地では、小・中・高校生に対して日本語で日本文化を紹介する授業を行いました。授業の組み立てに苦労しましたが、授業の題材と合致するアクティビティを考え、それぞれのレベルに応じた授業を展開しました。靴下の日やハワイTシャツの日など、日本とは異なる文化を肌で感じながら、分かりやすく伝える授業の組み立て方、効率よく生徒の集中力を持続させる方法など、日本語教員に必要な基礎を学びました。この留学経験を生かし、卒業論文では外国人労働者の現状や環境に対する見聞を深め、今後の日本における外国人労働者の働き方改善に役立てていきたいです。

WATCH-「見」

学校の課題等の連絡が全てインターネット上で行われるなど、学校教育におけるインターネット利用状況に驚いた。

LISTEN-「聞」

日本の教育と海外の教育を比較でき、現地に行って学ぶことの意義を感じた。

日本語でたこ焼きの作り方を学び、実践!

スポーツ好きなホストファミリー

望月さんの留学STEP

現地で感じた文化の違いを、今後の学びに生かす

高校
2年生
日本史の先生を目指した高校時代
クラスにスウェーデン留学生がいたこともあり、外国人と関わることが好きだった。日本史が好きで、日本史の先生を目指していた。
1
年次
【夏季休暇】日本語教育に興味
ボランティアでマレーシアへ。日本語を教えることに興味を持ち、帰国後、後期から日本語教員養成プログラムを受講。

2
年次
【4月中旬】TIP説明会に参加
選考過程で受講する授業や最終試験として模擬授業があり、大変そうな印象を受けたが、なんでもチャレンジしたいと思い説明会に参加し、応募。
【春季休暇】TIP本番
オーストラリアのタウンズビル市へ。けん玉、ゆるキャラ、日本のテレビ番組などの日本文化の紹介や切り絵制作などを行い、現地の生徒と交流。

3
年次
学内で活動報告・自分磨き
帰国後の活動報告で、TIPに参加したことで得た学びの多さをアピール。 春季休暇には、TIPの経験を生かし見聞を増やすため、外務省が行う海外派遣プログラムに参加。現在、TOEIC® 850点を目標に勉強中。

中期留学

友人との旅行で訪れたインドの川

「行動することで、見える景色が変わる」と実感した留学経験

国際総合政策学科 4年
伊庭 政宗 さん

インド
● ゴア大学

約6か月間

1年次の後期に、以前インド留学を経験した先輩の話を聞き、経済成長が著しいインドに行きたいという思いが強くなり中期留学への参加を決めました。インドには、日本と異なる様々な文化があり、どんなイベントにも積極的に参加するようにしました。お祭りやイベントを通して現地の暮らしぶりに触れ、インドの国民性や文化を肌で感じました。また、現地学生との交流の中で日印の文化を比較し理解を深め、国際的な政治や経済の問題をより身近に感じることができました。インドの洗練された街並みや混とんとした雰囲気、エネルギーに満ち溢れた人々に接し、アメリカとは違った多様性を感じると同時に、自分の中に湧き上がる大きな好奇心と自身が見ている景色の変化を感じました。

WATCH-「見」

ネット通販でも代金引換で現金を支払うなど、インドの現金決済の習慣に驚きました。

LISTEN-「聞」

日本のキャッシュレス化とともに、人口が多いインドでの今後の貨幣流通量とインドのIT技術を生かした発展に注目しています。

フィールドトリップにて

南インド旅行では船上で宿泊

伊庭さんの留学STEP

「行動することで、見える景色が変わる」と実感した留学経験

高校
卒業後
USA留学
USAのコミュニティカレッジで2年半の留学を経験。

1
年次
【4月】本学部へ入学
アメリカで学んだ英語を生かしたいと考え、留学の選択肢が豊富な本学部に入学。

2
年次
【4月】留学説明会に参加
1年後期より興味を抱いていたインド留学。先輩たちの体験談からさらに行きたい気持ちが強まった。
【9月】中期留学
「インドの経済をこの目で見る」という決意を胸に留学。インド訛りの英語、コンカニという現地語に圧倒されたが、だれもが根気強く話を理解してくれようとした。インドについて、政治学・経済学・哲学等様々な教科から学べた。

4
年次
新たな国への興味
欧州・マレーシアへの旅行を検討。

将来
インドでの経験を海外事業に役立てる
不動産業界の中でも、海外事業に興味がある。インド留学で得た多文化・多民族・多宗教への理解を今後役立てたいと考えている。

認定留学

放課後、友人宅にて

自ら行動することで、より良い留学生活が可能に

国際教養学科 4年
水﨑 藍 さん

カナダ
● トロント大学

約1年間

単位を取得して4年間で卒業できる認定留学の制度を利用し、カナダのトロントに1年間留学しました。留学先探しから手配まで、手続きを全て自身で行ったためとても大変でしたが、余裕をもって根気強く準備を進めたことで費用を抑え、より良い留学生活を送ることができました。留学中は、自分の英語力の低さを感じ、毎日2時間を予習復習に充て、自分から積極的に外国人の友達を作りました。時間の捉え方や食事のマナーなど日本と全く異なる文化に触れ刺激的な時間を過ごしました。また、ボランティアで現地の人や子どもたちと交流し、カナダ人の温かさにも触れました。この留学を通してたくさんの文化や慣習、伝統等を学び、自ら積極的に行動する力と英語力が身につきました。

WATCH-「見」

サウジアラビア人の友人が振舞ってくれた料理がどれも美味しく衝撃を受けた。それまで自分には合わないと思い、文化や宗教についても誤解している部分が多かった。

LISTEN-「聞」

実際の生活を体験し文化を理解することで、偏見を取り払いニュースだけでは分からない本質が見えるようになった。

ボートクルーズパーティで見たトロントの夜景

トロント大学の前で

水﨑さんの留学STEP

自ら行動することで、より良い留学生活が可能に


高校
2年生
初めて抱いた海外への興味
メキシコに留学していた母の影響で、日本と違う文化にたくさん触れたいと思うようになった。テレビでトロントの風景を見て絶対ここに行く!と決めた。
1
年次
【4月】留学説明会に参加
留学し英語を勉強したいと思い、説明会に参加。1か月の短期海外語学研修から始めることを決意。
【8月】トロント大学短期海外語学研修に参加
1か月間トロントで生活し、移民国家であるカナダで英語を学びながら異文化交流をする。カナダの人々の親切な対応に触れ過ごしやすさを実感する。
【10月】2度目の留学説明会に参加
1か月の短期海外語学研修を終え、次は1年間留学して本格的に英語を学ぼうと、単位が認定され4年間で卒業可能な認定留学への参加を決意。ここから4か月かけて留学の準備を進める。

2
年次
【8月~3年次8月】トロントに留学
1度行っていたので多少の不安はあったものの大きなトラブルはなかった。授業は全て英語で、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング全てを学べるコースを選択した。英語力の低さを実感し、勉強の時間を増やし自ら積極的に異文化交流をした。

3
年次
【10月】留学説明会で活動報告
これから留学を考えている後輩たちに、自分がどのような手順で留学したのか、留学中の活動、認定留学の流れ等を説明。

将来
空港のグランドスタッフとして外国人をサポートしたい
留学経験を生かして、空港のグランドスタッフになり外国の方々をサポートしていきたい。将来的に航空管制官を目指したい。