ホストファミリー・Buddy Program 募集

Host Family and Buddy Program Recruitment

身近なところから国際交流を始めてみませんか

日本大学国際関係学部では、三島市近郊にお住まいのみなさまのご協力を得て、本学部の提携校であるアメリカ、ニューヨーク州立ストーニーブルック大学学生を家族の一員として迎えていただけるご家族を探しています。

昨年に引き続き、ストーニーブルック大学の学生が国際関係学部にて行われる夏期短期講座で日本語と日本文化を学ぶために来日することになりました。日本の家庭に家族の一員として住む機会を与えてくだされば、彼らにとって、日本語を話し、日本の文化を深く知る良い機会となります。

平成29年 ニューヨーク州立ストーニーブルック大学ホストファミリー募集について

ホームステイ詳細

期間 平成29年5月28日(日)~平成29年6月25日(日)[4週間] (予定)
受入れ条件
  • 家族の一員として学生を受け入れていただけること
  • 食事(原則として朝食・夕食)をご提供いただけること
  • 個室をご提供いただけること
  • 三島市、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、沼津市、裾野市、伊豆の国市等近郊にあり、原則として1時間以内の通学距離にあること

募集について

応募方法
まず、登録をしていただきます。日本大学国際関係学部はこの登録フォームを受理した後、記載された情報に基づいて、ストーニーブルック大学と協議を行い、ホストファミリーと参加学生とのマッチングを行った上で、その結果をお知らせします。マッチングの結果に基づき、大学より当該のホストファミリーに打診を行い、ご了承いただきますと初めてマッチングの成立ということになります。
ご登録いただいたホストファミリーの数が定員を上回った場合や、何らかの理由によりマッチングが不成立であった場合はご期待に添えないことがありますので、あらかじめご了承くださるようお願い申し上げます。
登録フォーム
下記リンクより、登録フォームにご入力をお願いします。
応募締切
平成29年4月20日(木)
募集するホストファミリー数
20家族(予定)
この情報に関するお問い合わせ先・申込先
日本大学国際関係学部 教務課(国際教育センター)
三島市文教町2-31-145
Tel : 055-980-0962  Fax : 055-980-0961  E-mail : ir-cield1@nihon-u.ac.jp

Q&A

受け入れる学生は日本語ができますか。
日本語のレベルは個人により違いがありますが、入門レベルから初級レベルとお考えください。日本語だけの生活の方がむしろ日本語の勉強になります。どうしてもコミュニケーションに困った時、あるいは大事なことを伝える場合は大学側から説明します。
どのような食事を用意すればよいでしょう。
原則として朝食と夕食をお願いします。週末や休日の昼食は、ご家族同様にご用意いただければありがたく存じます。食事は、特別なものは必要なく、普段のご家族の食事を1人分多くご用意 ください。また、友人と外食をするような場合は、前もってご家族に相談するようにご指導ください。
個室が必要ですか。また部屋には鍵が必要ですか。
必要です。個室には机と椅子、電気スタンド、そしてベッドまたは和式の寝具をご用意ください。鍵はあってもなくても結構です。

個人情報の保護について

日本大学国際関係学部では、ホストファミリー登録フォームにご入力いただきました応募者とそのご家族等の氏名、住所等の個人情報を、本学部が実施するホームステイ・プログラムの運営にかかる手続きのためのみに使用いたします。

日本大学国際関係学部生対象
「Buddy Program」の募集について

「Buddy」(以下支援学生という)とは、ボランティア活動の一環として本学部の海外提携校からの交換留学生等(以下留学生という)の日本留学中の修学及び生活面を支援する学生団体(部活動)のことです。

目的

支援学生と留学生の交流を通じて、互いのコミュニケーション能力を高め、各国の文化・習慣を理解し、さらには自身の語学能力を向上させ、支援学生については海外留学(海外研修)意欲を高めるとともに、留学生の日本での不安や疑問を解消して日本留学を有意義なものとすることを目的とします。

主な役割

  1. 修学面の支援
  2. 生活面の支援

支援対象プログラム

  1. 交換留学プログラム(海外提携校及びISEP:期間6か月~1年)
  2. ストーニーブルック大学日本語研修プログラム(4週間)
  3. ゴア大学短期研修プログラム (4週間)
  4. その他学部が承認したプログラム