専攻科食物栄養専攻Advanced Course of Food and Nutrition

管理栄養士の資格取得を視野に高い専門性を習得
高度な業務に携わるエキスパートを養成します

本学の食物栄養学科など2年制の栄養士養成施設校を卒業した栄養士資格取得者が、知識と技術をさらに伸ばすための専攻です。実践重視のカリキュラムで専門能力を磨きます。本専攻科を修了後、栄養士業務を1年間経験することで、管理栄養士の国家試験受験資格を得ることができます(受験は修了後2年目以降)。

学びのポイント

【Point1】 4年制大学と同等の学位取得が可能

独立行政法人大学改革支援・学位授与機構から特例適用専攻科の認定を受けており(全国で3校のみ)、学士(栄養学)の学位取得が可能です。

【Point2】 ゼミ、研究活動が充実

担当教員の指導の下、少人数で個々の研究テーマに対し、調査、実験を行います。調査、実験の計画、立案から得られたデータの解析、報告、ディスカッションを通じ、食物栄養分野について深く専門的な学修を行います。

【Point3】 管理栄養士国家試験に備えた支援

管理栄養士資格の取得を視野に入れ、講義では試験で問われる知識の習得を重視しています。

専攻科の2年間の学びで、将来の進路が広がります

管理栄養士の資格取得や大学院進学をめざすことができます。すでに栄養士業務を1年経験されている方は、専攻科修了と同時に管理栄養士の国家試験受験資格を得ることができます。

管理栄養士 資格取得まで
日本大学短期大学部
食物栄養学科
栄養士養成施設・短期大学・高等専門学校・専修学校
栄養士資格取得
専攻科食物栄養専攻(2年制)
+
栄養士実務(1年)※順番は逆でも可
栄養士実務(3年)
国家試験受験資格 取得
管理栄養士 国家試験
合格
管理栄養士資格取得
大学院へ進学する場合
栄養士資格取得
専攻科食物栄養専攻(2年制)
審査
学位取得【学士(栄養学)】
大学院