国際関係学部FDニュース

College of International Relations FD News

令和2年度日本大学学生FD CHAmmiT学部提案書に基づく改善報告書について

日本大学では、FD活動に学生の声を反映させながら教育力の向上を目指すべく、平成25年度より、16学部87学科、短期大学部4学科、 通信教育部を対象に学生・教員・職員が一堂に会して学生FDや本学の教育について理解を深め、気軽な雰囲気の中で語り合う「日本大学 学生FD CHAmmiT(ちゃみっと)」を開催しております。 全学規模のイベントとなっており、例年、各学部等から200名以上の参加者を得て開催しております。

令和2年度においては、コロナ禍の影響により、オンライン(Zoom)開催となりました。 新型コロナウイルスの影響でオンライン授業が主流になった現在の大学教育について、オンライン授業のメリット・デメリットやオンライン授業のミライのカタチについて考え、学生・教員・職員の三者の意見をまとめたプロダクトを作成いたしました。 また、各学部でこれからのオンライン授業を「どのようなことに活かしていくべきなのか?」や対面授業が再開された後に「どのような形でオンライン授業を継続、併用していくべきなのか?」などの意見を「学部提案書」にまとめました。

この作成された「学部提案書」に基づき、各学部において、学生からの「改善点について」、「今後の要望について」の意見を学生・教員・職員の三者で協議した上で「改善報告書」を作成し、学修環境の改善を進めております。今後も国際関係学部・短期大学部(三島校舎)では,教育の質や改善について検討を重ね、より良い教育環境づくりに努めて参ります。

FDニュース刊行に当たって

FD委員会は、FD活動の一環として「FDニュース」を発行し、本学部のホームページに公開することにしました。平成20年度は大学院に続き、学部でもFD(ファカルティ・ディベロップメント)の義務化が図られています。

FDとは、大学の教員の様々な業務(例えば、授業など)に関わる能力の開発を意味します。そこでFD委員会ではFDニュースを通して、より多くの教員と学生に本学のFD活動や教員の教育に対する考えをひろめることにより、結果的に本学部の教育環境改善に役立てば幸いです。