国際教養学科Department of International Liberal Arts

カリキュラム

国際的な舞台で必須となる異文化理解や外国語の能力の獲得を目指し、基礎から学べるカリキュラムとなっています。

1年次 カリキュラム

共通科目 基礎科目
  • 自主創造の基礎1・2
総合教育科目
  • 哲学
  • 倫理学
  • 歴史学
  • 心理学
  • 文化人類学
  • 芸術
  • 世界の宗教
  • 世界の言語
  • 文学
  • 社会学
  • 法学
  • 日本国憲法
  • 政治学
  • 経済学
  • 商学
  • 経営学
  • ジェンダーと社会
  • 数理の世界
  • 生命の科学
  • 情報論
  • 調査統計論
  • 科学思想史
外国語科目
  • 英語I~IV
  • ドイツ語I~IV
  • フランス語I~IV
  • 中国語I~IV
  • スペイン語I~IV
  • 韓国語I~IV
  • 日本語I~IV
地域研究
  • 国際交流(外国語実習)
  • ティーチング・インターンシップ
専門外国語
  • 特定言語初級
  • 複言語I・II
観光外国語
  • 観光英語I
健康スポーツ科目
  • スポーツ科学と健康
  • スポーツ総合
専門基礎
  • 国際関係論入門
  • 国際文化論入門
  • 日本近現代史
  • 世界近現代史
情報
  • 情報処理I・II
学科共通専門科目 コース専門
  • ビジネス英語I
学部共通科目 資格外国語
  • 資格英語I・II
特別教育
  • 学際研究I・II
  • 特殊講義I・II
日本語教員養成科目
  • 日本語教育概論
  • 日本語文法I
  • 日本語文法II
  • 日本語教授法(理論)
  • 日本語教授法(応用)
  • 日本語音声学
  • 日本語語彙論

2年次 カリキュラム

共通科目 演習
  • ゼミナールI
ジャパンスタディーズ
  • Japan Studies I(宗教・思想)
  • Japan Studies II(日本文学)
  • Japan Studies III(文化史)
  • Japan Studies IV(日本社会)
  • Japan Studies V(経済)
  • Japan Studies VI(政治)
地域研究
  • 地域研究(アメリカ・イギリス・中国・韓国・アジア・ドイツ・フランス・スペイン・中東・アフリカ)
  • 海外実地研究
専門外国語
  • 英語V~VIII
  • ドイツ語V~VIII
  • フランス語V~VIII
  • 中国語V~VIII
  • スペイン語V~VIII
  • 韓国語V~VIII
  • 日本語V~VII
  • 特定言語中級・上級
観光外国語
  • 観光英語II・III
情報
  • 情報処理III
学科共通専門科目 国際文化コース
コース専門基礎
  • 国際文化論
  • 比較文化論
  • 異文化コミュニケーション論
  • 社会学概論
国際文化コース
コース専門
  • 日米比較文化論
  • 日欧比較文化論
  • 日中比較文化論
  • 現代思想
  • 宗教文化
  • アメリカ文化
  • ヨーロッパ文化史
  • 中国文化史
  • イスラム文化
  • 文化記号論
国際コミュニケーションコース
コース専門基礎
  • 国際文化論
  • 比較文化論
  • 異文化コミュニケーション論
  • 社会学概論
国際コミュニケーションコース
コース専門
  • フィールドワーク
  • 開発教育論
  • 人権論
  • 現代社会学理論
  • 国際人口移動論
  • 英語リーディング
  • エスノグラフィー論
  • 英米文学論
  • ビジネス英語I・II
  • 英語コミュニケーションI・II
  • 英語音声学
  • 英語リーディング
  • 英語ライティング
  • 英語学
  • 英文法
  • 英作文
  • 英語発達史
  • 英米文学論演習
グローバルスタディコース
コース専門基礎
  • 国際文化論
  • 比較文化論
  • 地球環境と持続可能な開発
  • 国際時事問題
  • 社会学概論
グローバルスタディコース
コース専門
  • 開発教育論
  • 社会開発論
  • 国際人口移動論
  • フィールドワーク
  • エスノグラフィー論
グローバル観光コース
コース専門基礎
  • 国際文化論
  • 比較文化論
  • 地球環境と持続可能な開発
  • 異文化コミュニケーション論
  • 社会学概論
グローバル観光コース
コース専門
  • 観光法規I
  • 観光地理I(国内)
  • 観光実務I(国内)
  • コミュニティ論
  • 観光概論
  • ホスピタリティ論
  • 旅行事業論
  • 宿泊事業論
  • 観光交通論
  • アメリカ文化
  • ヨーロッパ文化史
  • 中国文化史
  • イスラム文化
学部共通科目 資格外国語
  • 資格英語III・IV
  • 資格ドイツ語I・II
  • 資格フランス語I・II
  • 資格中国語I・II
  • 資格スペイン語I・II
  • 資格韓国語I・II
留学生用演習
  • 日本語演習I~V
日本語教員養成科目
  • 日本語教育実習
  • 日本語教育検定演習

3年次 カリキュラム

共通科目 演習
  • ゼミナールII・III
  • インターンシップ
ジャパンスタディーズ
  • Japan Studies VII(スペシャルレクチャー)
  • Japan Studies VIII(スペシャルレクチャー)
  • 日本政治
  • 日本経済
  • 日本史
  • 日本宗教思想
  • 日本文学史
  • 日本文化
  • 日本社会
地域研究
  • 地域研究(特別研究)
専門外国語
  • 英語ディスカッション・ディベート
  • 英語文献講読I・II
  • ドイツ語文献講読I・II
  • フランス語文献講読I・II
  • 中国語文献講読I・II
  • スペイン語文献講読I・II
  • 韓国語文献講読I・II
観光外国語
  • 観光ドイツ語I・II
  • 観光フランス語I・II
  • 観光中国語I・II
  • 観光スペイン語I・II
  • 観光韓国語I・II
学科共通専門科目 国際文化コース
コース専門
  • 現代言語学
  • 芸術表現論
  • 比較文学論
  • 表象文化論
  • 漢字文化論
  • 英米言語文化研究
  • ヨーロッパ言語文化研究
  • 日本言語文化研究
  • カルチュラルスタディーズ
  • サブカルチャー論
国際コミュニケーションコース
コース専門
  • 英米言語文化研究
  • メディアと社会
  • 社会福祉論
  • 親族と婚姻論
  • 英語翻訳法
  • 英語通訳法
  • 社会心理学
グローバルスタディコース
コース専門
  • 開発経済論
  • 交流マネージメント論
  • 開発人類学
  • 地域開発論
  • 資源エネルギー論
  • 地球環境問題
  • 環境社会学 
  • 社会福祉論
  • 世界の食文化
  • メディアと社会
  • 都市環境論
グローバル観光コース
コース専門
  • 国際観光経営論
  • 国際観光開発論
  • 国際観光政策
  • 国際観光文化論
  • 観光法規II
  • 観光地理II(海外)
  • 観光実務II(海外)
  • 行政学
  • 文化政策論
  • 地域振興論
  • 伊豆観光文化論
  • 世界の食文化
  • 交流マネージメント論
学部共通科目 スポーツ交流
  • スポーツ科学
  • スポーツと社会
  • スポーツ指導論
  • レクリエーション論

4年次 カリキュラム

共通科目 演習
  • ライフデザイン
  • 卒業論文
学科共通専門科目 国際文化コース
コース専門
  • 批評理論
国際コミュニケーションコース
コース専門
  • 都市社会学
グローバルスタディコース
コース専門
  • 環境倫理
  • 国際環境法規
  • 国際ジャーナリズム論
グローバル観光コース
コース専門

MY STEP

My Step

「私流」おすすめ講義

年次ごとの面白かった講義やおすすめしたい講義、影響を受けた講義内容などを先輩が紹介します。

興味のある研究領域

言語表現
比較文化
地域研究
1
年次
基礎学問を中心に学ぶ
ビジネス英語I

電話、手紙、ホテルの予約など、ビジネスコミュニケーションに必要な定型文の使い方と応用を学び会話の練習を行います。

2
年次
言語の仕組みを知る
英語音声学

英語の音声の仕組みや発音記号を理解し、自分の発音を確認しながら、英語を正しく聞き取り発音するための訓練を行います。

3
年次
教育者の軸となる基礎知識の学び
教育制度論

教育制度論では、校則やいじめなど教育に関する制度的事項や地域との連携、学校安全への対応などを学びます。教職課程の科目なので、教育者になるための基礎知識から、人間として大事な心構えなどを学ぶことができ、同じ目的を持った仲間から刺激を受けています。この講義で学んだことを将来教育者になった時にも常に心に留めて、生徒たちと向き合っていきたいです。

4
年次
時代や文化を知ることから広がる視点
サブカルチャー論

サブカルチャー論では、日本や東アジアで起きた社会現象を時代や文化背景の視点で考察します。歴史の講義では学ぶことのできない、かつての流行を取り入れた話は、とても興味深く新鮮です。テレビの普及で社会と人がつながり、コミュニケーションに変化が生まれた話やポケベルの映像を見ながら当時の社会現象を学んだのが、特に印象に残っています。