大学院 国際関係研究科 国際関係研究専攻Graduate School of International Relations Course of International Relations Studies

高度な専門性を養成し国際社会へ貢献

世界が直面している諸問題は、政治・経済・文化等の複雑な要因から構成されています。これらの問題に対して有効な解決策を導くには、社会科学・人文科学の成果を結集した総合的・学際的な研究が必要です。このような認識のもとに新領域の国際関係研究を確立し、地域研究を行い国際関係に精通した研究者として自立した研究活動を行うために必要な、高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を備え、国際社会に貢献できる人材を養成します。

学び・博士論文提出までのステップ

1
年次
  • 主たる専攻分野の授業科目を履修
  • 他の専攻分野の授業科目を履修
  • 研究指導教員の特別研究指導
  • 研究テーマの決定(4 月)
  • 研究指導教員による博士論文指導(4月~)

2
年次
  • 主たる専攻分野の授業科目を履修
  • 研究指導教員の特別研究指導
  • 研究指導教員による博士論文指導(4月~)
  • 博士論文構想構築(4月~)

3
年次
  • 研究指導教員の特別研究指導
  • 研究指導教員に博士論文提出の申し出(6月)
  • 予備試験実施(7月)
  • 博士論文執筆の可否(7月)
  • 博士論文提出(11月末日)
  • 博士論文審査(12月~1月)
  • 公聴会・最終試験(1月)
  • 課程修了の可否審議(2月)
  • 学位(博士)の授与(3月)

棚田地域の機能維持とと活性化、環境教育を考察

王 朝平
国際関係研究科 国際関係研究専攻 博士後期課程1年
王 朝平 さん

私は高校卒業後に日本に来て国際関係学部に入学しました。 大学の教員を目指しているため、大学院進学は当初から決めていました。日本は国土の7割が中山間地域であり、農業生産条件が不利な傾斜地において先人たちの長い年月にわたる努力と知恵で生まれた「棚田」に着目し、環境保全活動と環境教育について研究しています。
これまでの研究は日本各地に分散する棚田について、地域ごとに独自保全の方法を論じたものが大半でしたが、私は「日本棚田百選」に認定されている全ての棚田を対象にして、その共通点を見出し他の地域へ展開する方法を検討しています。
また食料供給や水源確保、美しい景観の形成、伝承文化継承に重要な役割を果たす棚田とSDGsとの関連性を考察し、未来の担い手である子供たちへの環境教育の場として活用することを提唱しています。
農家の高齢化で荒廃の危機に直面する棚田を保全するために、農林水産省が中心となって取り組む「つなぐ棚田遺産〜ふるさとの誇りを未来へ〜」が認定され、棚田の保全のみならず、中山間地域の農業振興に対する支援を行っていくことが期待されます。