大学院 国際関係研究科 国際関係研究専攻Graduate School of International Relations Course of International Relations Studies

国際的な問題へ学際的にアプローチ

世界の各地域における諸問題に対し、政治・経済・法律・開発・環境・情報等の視点から研究を行う「国際関係」部門と、各国の文化・文学の比較や異文化コミュニケーション等の文化的フィールドから研究を行う「国際文化」 部門の双方の領域を視野に入れ、総合的・学際的なアプローチを試みます。そして、専攻分野における研究能力を養い、専門性を要する職業等に必要な高度の能力を持つ人材を養成します。

安全保障コースプログラム

安全保障問題に関する高度な専門知識を有する人材を養成します。

翻訳コースプログラム

翻訳の理論・方法・実践に関する高度な知識と技術を有する人材を養成します。

ダブル・ディグリー・プログラム

日本大学国際関係学部とイリノイ州立大学社会学・人類学科間の学術文化交流に関する覚書に基づくダブル・ディグリー・プログラム実施に係る合意書締結に伴い、日本大学大学院国際関係研究科国際関係研究専攻博士前期課程に所属する学生が最短2年間で本研究科及びイリノイ州立大学社会学・人類学科の2つの修士号を取得することができます。

学びのステップ
1
年次
博士前期課程
標準コース
博士前期課程
1年コース
〈社会人対象〉
  • 研究指導教員の授業科目を含めた専攻分野の授業科目を履修
  • 他の専攻分野の授業科目を履修
  • 研究指導教員の研究指導
  • 研究指導教員の授業科目を含めた専攻分野の授業科目を履修
  • 他の専攻分野の授業科目を履修
  • 研究指導教員の研究指導
学位(修士)論文提出 1月
最終試験 2月
  • 学位(修士)論文を中心とした口述試験
学位(修士)授与 3月

2
年次
  • 専攻関連分野科目を履修
  • 研究指導教員の研究指導
学位(修士)論文提出 1月
最終試験 2月
  • 学位(修士)論文を中心とした口述試験
  • 外国語の筆記試験
学位(修士)授与 3月

英語教育先進国との比較から日本の課題を探る

国際関係研究科 国際関係研究専攻 博士前期課程1年
石橋 将太 さん

中学生の頃から英語教師を目指すようになり、大学で教職課程を履修していましたが、英語教育に関する知識や英語力が不十分だと感じ、大学院に進学してもっと力をつけたいと思いました。兄も大学院を修了しているので、自然な流れでした。学部のゼミナールで考察した日本の教育制度から発展して、大学院では海外の英語教育を研究する予定です。特に関心が高いのはオランダとシンガポールです。オランダも日本も他国では使われていない、ある意味、特殊な言語を操ることができるため、世界中で話されている英語を身につけるのは容易だと、オランダでは考えられているそうです。グローバル化が進むシンガポールではどんな英語教育が行われているのかにも興味があり、詰め込み教育の日本との違いを、留学して自分の目で確かめたいと思っています。将来、教育関係の職に就かなかったとしても、英語には携わっていたいです。

私の見聞録 教育実習で教員が行っている工夫の多さを知った。
大学の模擬授業とは全く違う生の教育現場に、仕事とは日々研究だと感じた。