食物栄養学科Department of Food and Nutrition

実践的かつ多彩なカリキュラムで
知識と技術を磨き、
即戦力となる人材を目指します

食物栄養学科のカリキュラムは、講義・演習科目と実験・実習科目をバランスよく編成。食と栄養についての知識と理論を学ぶ講義・演習科目と、それらを実践する実験・実習を通し、理論と技術の両面から専門的知識を高めます。
「給食経営管理実習」や「臨床栄養学実習」では小・中学校、保育園、事業所、病院などで栄養士の業務を体験学習し、高度な食と栄養の知識を実践的かつ効率的に吸収できるよう配慮しています。また、「フードスペシャリスト論」や「フードコーディネート論」などを履修することで食の開発、流通の現場で役立つ知識や技術が習得でき、「卒業研究」で研究課題をより深く追求することも可能です。

1年次 カリキュラム

専門教育 必修
  • 公衆衛生学★(2)
  • 解剖生理学★(2)
  • 基礎食品学★▲(2)
  • 基礎栄養学★▲(2)
  • 栄養教育論★(2)
  • 調理学★▲(2)
選択必修
  • 食品分析論△(2)
  • バイオテクノロジー論△(2)
  • 特殊講義(2)
選択
  • 栄養生化学★(2)
  • 栄養生化学実験★(1)
  • 食品学実験★▲(1)
  • 栄養学実習★(1)
  • 栄養教育実習★(1)
  • 調理学基礎実習★▲(1)
  • 調理科学実験★▲(1)
  • 情報処理実習I・II(各1)
総合教育 必修
  • 生物学(2)
  • 化学(2)
選択
  • 心理学(2)
  • 哲学(2)
  • 歴史学I・II(各2)
  • 文学(2)
  • 文章表現(2)
  • 法学(2)
  • 日本国憲法(2)
  • 社会学(2)
  • 経済と流通▲(2)
  • 数学I・II(各2)
  • 統計学I・II(各2)
外国語 選択
  • 英語I ~ IV(各1)
  • フランス語I・II(各1)
  • 中国語I・II(各1)
  • 海外語学実習(2)
保健体育 必修
  • スポーツ科学と健康(2)
  • スポーツI(1)
選択
  • スポーツII(1)

※ ★印は栄養士必修科目です。

※ ▲印科目はフードスペシャリスト必修科目、△印科目はフードスペシャリスト選択科目です。

2年次 カリキュラム

専門教育 選択必修
  • フードコーディネート論▲(2)
  • フードスペシャリスト論▲(2)
  • 特殊講義▲(2)
選択
  • 社会福祉概論★(2)
  • 解剖生理学実験★(1)
  • 病理学概論★(2)
  • 疾病学概論★(2)
  • 応用食品学★▲(2)
  • 食品衛生学★▲(2)
  • 食品衛生学実験★(1)
  • 応用栄養学★▲(2)
  • 臨床栄養学★(2)
  • 臨床栄養学実習(校内)★(1)
  • 臨床栄養学実習(校外)★■(1)
  • 健康管理概論★(2)
  • 実践栄養教育論★(2)
  • 実践栄養教育実習★(1)
  • 公衆栄養学★(2)
  • 調理学応用実習★▲(1)
  • 食事計画演習★▲(1)
  • 給食経営管理論★(2)
  • 給食経営管理実習(校内)★(1)
  • 給食経営管理実習(校外)★■(1)
  • 栄養情報処理演習(1)
  • 卒業研究(2)
外国語 選択
  • 英語V ~ VIII(各1)
  • フランス語III・IV(各1)
  • 中国語III・IV(各1)

※ ★印は栄養士必修科目です。

※ ▲印科目はフードスペシャリスト必修科目、△印科目はフードスペシャリスト選択科目、■印科目は集中科目です。

備考

卒業単位合計62単位以上
  • 「専門教育」必要単位数、40単位以上 ※1
  • 「総合教育」必要単位数、必修科目を含めて10単位以上
  • 「外国語」必要単位数、4単位以上
  • 「保健体育」必要単位数、必修科目を含めて3単位以上
  • 「その他の科目※2」必要単位数、5単位以上

※1 必修科目12単位以上、選択必修科目2科目4単位以上、選択科目24単位以上。

※2 総合教育科目、外国語科目、保健体育科目、専門教育科目、ビジネス教養学科・国際関係学部の認めた科目の中から5 単位以上を選択し修得しなければなりません。

ゼミナール