OB・OG

Alumni

齊藤 美月

株式会社良品計画

目標に向かって挑み続ける

国際教養学科 2022年3月卒業
齊藤 美月 さん

私は大学入学前からティーチング・インターンシップ・プログラム(TIP)への派遣を目指していました。 英語力向上のためではなく、日本を正しく世界に広めたいという思いがあったからです。 派遣が決まるまで1年かかりましたが、その間ずっと努力を続けました。 良品計画は、無印良品やMUJIブランドを国内外に1,000店舗以上展開しています。 就職活動では思うような結果が出ないこともありますが、妥協するか信念を貫くかで将来は大きく変わります。 私が自分の希望をかなえることができたのは、目標に向かって挑み続ける粘り強さが、大学生活で培われたからだと思います。

4年間の学びのSTORY
1
年次
TIP派遣を目指し、
日本語教員養成プログラム受講開始。

2
年次
7月に1か月の北京大学短期海外語学研修、
翌年2月には念願のTIPでニュージーランドへ。

3・4
年次
5月からインターンシップや説明会に参加。
冬~4年次春まで選考。
4年次 5月 内定!
中安 杏実果

株式会社静岡銀行

挑戦が自己形成の糧になる

国際教養学科 2022年3月卒業
中安 杏実果 さん

2年次に参加した短期海外研修で、現地の学生が環境保全や人権問題などを真剣に考える様子に刺激を受け、世の中の動きに興味を持つようになりました。またゼミナールでは幹部役員としてオンラインゼミ集会の企画運営をはじめ、ゼミ生のモチベーションを高める取組に注力し、組織をまとめる力が身につきました。静岡銀行は地域の人との関わりを大切にしながら、融資、コンサルティング、資産運用など様々な業務に挑戦できます。私が大学で得た成長意欲、コミュニケーション力、世情への関心がきっと役立つと思います。

4年間の学びのSTORY
1
年次
留学を目標にTOEIC®や
スペイン語の勉強に力を入れる。

2
年次
夏季休暇を利用して
ケンブリッジ大学へ1か月の短期海外研修。

3
年次
春に合同企業説明会、
夏にインターンシップ参加。
冬から始まった早期選考で内定を得た会社も。

4
年次
3年次3月の解禁から
4年次春にかけて、
選考が本格的に。
4年次 7月 内定!
大津 太志

岡三証券株式会社

お客様のための成長を目指す

国際総合政策学科 2022年3月卒業
大津 太志 さん

大学時代は自分の成長を目指して入学時からこつこつと努力を重ね、2年次に7か月間のカナダ留学に行きました。観光のゼミナールに所属し英語力を生かせる旅行業界を希望していましたが、新卒採用が見送りとなり、自分の軸を改めて見直しました。その結果、留学で身につけたコミュニケーション力を生かせる営業職、中でも社会経済を支える金融業界に魅力を感じるようになりました。岡三証券は全国に拠点を持ち、お客様を大切にする気持ちがとても強い会社です。これからは自分の成長を自分のためだけでなく、お客様への貢献につなげたいと考えています。

4年間の学びのSTORY
1
年次
留学を目指し、英語特別クラスや
TOEFL®受験で語学力向上。

2
年次
英語を使う仕事に就くことを夢に描き、
7か月間のカナダ留学へ。

3
年次
8月就職活動開始。観光業界を中心に、
幅広い企業の情報収集。面接練習を重ねる。
11月旅行会社の新卒採用見送り決定。
徹底的に自己分析し、金融・証券業界に絞る。
3年次 3月 内定!
八木 渚 さん

鎌倉市役所

大学で見つけた新たな夢

国際総合政策学科 2022年3月卒業
八木 渚 さん

観光産業に興味があった私は観光学を学べるこの学部を選び、ゼミナールでも観光を学んでいましたが、コロナ禍で新卒採用を見送る企業が相次ぎました。しかし私は、ゼミナールで地域の魅力を発信する活動を行っていたため、まちづくりや地方創生に携わりたいという新たな夢を見つけることができました。人と関わるのが好きな私にとって、市民との距離が近く、自分の仕事が役立っていることが実感できる地方公務員はとても魅力的でした。筆記試験では就職指導課の講座が強い支えになりました。生まれ育った地元を活気あふれる街にすることが、次の目標です。

4年間の学びのSTORY
1
年次
旅行業界を目指して入学。
英検、TOEIC®受験で英語力を身につける。

2
年次
3月に1か月のハワイ大学
短期海外語学研修へ。

3
年次
様々な業界のインターンシップに参加。
冬にSPIや公務員の対策講座を受講。

4
年次
春に民間企業の選考。
6~7月公務員試験。
4年次 8月 合格!

夢がかなう環境がここにある

小林 桃子 さん
パレスホテル東京
国際教養学科 2021年3月卒業
小林 桃子 さん

私は海外の高校に進学し、卒業後には1年間のワーキング・ホリデーを経験しました。高校で身につけた語学力を実践的にアウトプットしたかったからです。4年間の海外生活で周囲から度々注目されたのは、日本特有の文化「おもてなし」の素晴らしさです。この日本の良さを自ら提供できる仕事に就きたいと思い、5つ星日系ラグジュアリーホテルのパレスホテル東京が旗艦ホテルである、パレスホテルを選びました。現在はVIPやリピーターの宿泊中のケアやレストランとラウンジの受付案内業務を行っています。大学在学中は、部活動で留学生の生活支援や国際交流イベントの企画運営に携わるなど、異なる背景を持つ人たちと関わる環境に積極的に身を置くようにしていました。英語特別クラスに所属して、英語コミュニケーションに磨きをかけました。国際関係学部には、私の夢をかなえるためのステージがたくさんありました。

やりたいことを見つけよう

コハツ ビトル リュウジ さん
株式会社
バンダイナムコエンターテインメント
国際総合政策学科 2019年3月卒業
コハツ ビトル リュウジ さん

大学入学時、将来南米と関わる仕事がしたいという目標だけはありましたが、今の自分にたどり着いたのは4年間でたくさんの人と出会い経験を積み重ねたからです。日系ブラジル人である私は南米地域を研究するゼミナールに所属するうち、現地の日系コミュニティの方に実際に会って話を聞いてみたいと思うようになり、1年間休学して現地調査を行いました。そこで感じたのは、日本のアニメやゲームに誇りを持っている方が多いことでした。この文化を世界中に広めたいという思いが高まり、日本を代表するコンテンツを数多く扱うバンダイナムコエンターテインメントに入社を決めました。現在は自社のキャラクターをコラボグッズや広告宣伝に使ってもらうための、ライセンスアウト業務を担当しています。大学でやりたいことを見つけた私は夢を実現し、自分らしい道を歩みはじめています。

どうせやるなら全力で

小木下 るさか さん
矢崎総業株式会社
国際教養学科 2020年3月卒業
木下 るさか さん

大学生活が最高の4年間になるかは、自分次第です。私は幼少期の10年間を開発途上国で過ごした経験から、世界の貧困問題を解決したいと考えるようになりました。その目標に向かい、大学では国際協力活動を行う部活動に所属し、1年間のフィリピン留学で貧困と開発を専門的に学びました。
また、常に志を高く持って積極的に行動することを心掛け、英語スピーチコンテストでは学部優勝、卒業時には在校生に向けて自分の体験を講演する貴重な機会をいただきました。何事にも全力で取り組んだ結果、成績優秀者として卒業し、支えてくれた家族や先生方に恩返しすることができました。
矢崎総業に入社を決めたのは、世界45の国と地域に拠点を持ち、雇用を生み出すことで、その国の発展に貢献しようとする理念に共感したからです。大学で身につけた異文化理解力と得意の英語を生かしながら、世界中の人々の生活を豊かにしたいです。