OB・OG

Alumni

やりたいことが見つかる2年間

ビジネス教養学科 令和3年3月卒業 神奈川県出身
編入学先:日本大学経済学部経済学科
小林 千夏 さん

本学科に入学しなかったら、自分が一番興味のある分野を見つけることができなかったと思います。私はマーケティングや金融論を学ぶうち、経営学の面白さにひかれ、編入学先や将来就きたい職業が明確になっていきました。編入学後もさらに知識をインプットして、社会に出た時にアウトプットできるようにしたいです。

働く上で大切なことを学べる

ビジネス教養学科 令和3年3月卒業 静岡県出身
就職先:増田紙工株式会社
増田 百々香 さん

本学科ではビジネスの基本やマナーを学ぶことができるため、社会に出てすぐに役立つ知識を身につけられます。資格取得を目指す講義も多く、私は在学中に日商簿記検定3級に合格することができました。将来経営者になることを視野に、父が経営する会社に入社を決めました。ここでの学びがきっと生かせると思います。

編入学を視野に短大へ

ビジネス教養学科 令和2年3月卒業 静岡県出身
編入学先:日本大学経済学部 金融公共経済学科4年
青木 恭平 さん

【在学時】

高校卒業時には自分の興味の対象が定まっておらず、経済、経営、ビジネスなど幅広い分野を学べる本学科で見極めてから専門の学部に編入学しようと、短大への進学を決めました。在学中は ボランティアサークル活動と、資格取得に力を入れていました。取得した日商簿記検定2級とファイナンシャルプランナー2級の知識のおかげで、編入学後の講義内容が理解しやすいです。

【編入学】

金融系を目指すことにした私は、日本大学経済学部に編入学を決めました。金融公共経済学科では、社会の基盤となる 公共政策と金融システムを学びます。今は特に、企業分析の面白さにひかれています。編入学すると、1年次からその学部にいた学生より多くの単位を履修しなければなりませんが、短大で真面目に講義を受講する習慣が身についていたため、それほど苦労はしていません。

観光を学びたくて編入学

ビジネス教養学科 令和2年3月卒業 静岡県出身
編入学先:日本大学国際関係学部 国際総合政策学科4年
日馬 孝昌 さん

【在学時】

小学生の頃から地元東伊豆で続けているライフセービング活動を継続するため、首都圏への進学は自分の選択肢から外していました。本学科は自然に囲まれたキャンパスで、先生と学生の距離が近く、少人数制で様々な専門分野を学べる素晴らしい環境です。国際関係学部は同じ敷地内にあり、編入学後に単位互換される講義を、短大在学時に受講することができます。

【編入学】

短大時から編入学を見据えて単位取得などの準備をしていたので、比較的時間に余裕があり、就職活動にも集中できています。将来、観光やまちづくりに携わりたいと思っている私にとって、ここでの学びは大変有意義です。社会経験豊富な先生方から、興味のある分野の専門知識を得ることができ、自分のやりたいことがより明確になりました。

短大での勉強を実務に生かす

ビジネス教養学科 令和2年3月卒業 静岡県出身
就職先:株式会社三幸コーポレーション
櫻井 菜々香 さん

【在学時】

商業高校出身の私は、高校卒業後に就職するつもりでしたが、母の勧めで短大に進学しました。本学科を選んだのは、実務に生かせる講義が多く魅力的だったからです。実際、ビジネス文書やビジネスマナーの知識は、今とても役に立っています。高校と違って短大は広域から学生が集まるため、交友の幅も自分の視野も広がりました。就職の選択肢も増え、進学して良かったと思います。

【編入学】

今まで勉強してきたことが実践できる事務職に絞って就職活動を行い、地域密着型の人材派遣会社に入社を決めました。スタッフの給与計算や社会保険の手続きなどが私の主な仕事です。電話を 受ける機会が多いですが、講義で敬語の使い方を学び、アルバイトで接遇 スキルを身につけていたため、スムーズに対応できました。厳しい指導も成長のためと思って頑張っています。

就職活動で自分の適性を知る

ビジネス教養学科 平成31年3月卒業 静岡県出身
就職先:静清信用金庫
望月 美沙 さん

【在学時】

2年間という短い期間の中で、通常の講義に加え、ゼミナールでのヨーロッパ旅行など様々な知識の習得や経験ができました。就職活動では、就職指導課からのアドバイスを受け、自分の適性を再確認することができ、人と関わる仕事に就きたいという自分の軸が固まりました。また、ビジネス教養学科の講義は実践的なものが多いところが魅力です。資格に直結する講義も複数あり、資格取得にも積極的にチャレンジしました。

【編入学】

私は、マネープランナーとして、お客さまの資産運用、資産形成のお手伝いをしています。最適な金融商品を提案するため、お客さまと会話を重ね、信頼関係を築いていくことがとても大切です 。また、当金庫は2022年に創立100周年を迎えるにあたり、「そうだん力が、せいしん力」をスローガンとして「相談力」の発揮に力を入れています。お客さまからの相談に耳を傾け、自分らしく行動することを心がけています。近い将来、お客さまにとって必要不可欠な存在になりたいと思います。