ゼミナールレポート

Seminar Reports

石川ゼミナール

栄養士に必要な情報の整理・分析

情報収集、結果の整理・解析、報告書の作成、プレゼンテーション能力を高めることを目的としています。研究テーマは主に水環境に関する現地調査、食生活に関する調査・分析、公衆衛生系(国民健康・栄養調査)に関するデータ分析、水や食べ物の無機栄養成分(カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウム等)の分析、管理栄養士、栄養士の情報処理教育に関する調査等です。

葛城ゼミナール

ゼミを通して、実践力がある栄養士を目指して

講義実習を応用し、2つの柱で活動、成果をまとめています。1つ目がライフステージに合わせた、対象に喜ばれる料理や献立作成です。地域食材を用いた料理を提案し、実際に召し上がってもらいます。2つ目が、高校生を対象とした食育です。情報を精査し提供しています。テーマに分かれて活動していますが、コミュニケーションを図り、アイデアを出し合いながら楽しく、社会に出てすぐに率先力、実践力が身につく取り組みを行っています。

篠原ゼミナール

食育や栄養教育を実践

栄養士の仕事の中に、栄養情報を人々に正しく伝え、行動変容につなげる仕事があります。実践を通してそれを学ぶために、幼稚園や保育園でお箸の持ち方の食育や小児糖尿病のサマーキャンプの活動を行い、園児にわかりやすい栄養教育媒体を考え、効果的なプレゼン技術を身につけます。また、教育の効果判定のための調査をし、研究成果をまとめる方法を学びます。