【学生の皆さまへ】令和3年度後学期授業に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症はデルタ株への変異により,キャンパスがある静岡県においても緊急事態宣言が発出され,感染症の収束が見通せない状況が続いています。しかし,このような状況下にあっても学生の皆さまに対する教育の提供と,高等教育機関としての使命を果たさなければなりません。

つきましては,令和3年度後学期授業は,以下のように実施いたします。夏季休暇期間中も引き続き感染防止に十分留意し,後学期に備えてください。

なお,本方針は,現時点(令和3年8月23日時点)での判断となり,感染状況の変化により学生の皆さまと教職員の健康と安全が損なわれると判断した場合,実施方針を途中で変更させていただく場合があります。学生の皆さんは,UNIPA又はホームページを毎日確認するようにしてください。

 

1 国際関係学部の授業実施方針について

新型コロナウイルスワクチンの職域接種完了及び対面授業切り替え準備を考慮し,11月2日(火)から原則として対面授業を行います。これに伴い,9月17日(金)から10月末までは,オンライン授業を継続します。ただし,「ゼミナールⅠ」,「ゼミナールⅢ」,「卒業論文」は,教員と学生で相談の上,9月17日(金)から対面授業を行います。

①9月17日(金)~10月末までの授業

一部の授業を除き,オンライン授業となります。オンライン授業は,従来通りGoogleClassroomを使用します。クラスコードは,9月上旬にUNIPAに掲載いたします。

②11月2日(火)からの授業

教室の収容人数に対し50%未満の履修者数の場合,対面授業となります。なお,収容人数に対し50%以上となる科目は,後学期終了時まで全てオンライン授業となります。各科目の授業実施方法については,後学期の削除・追加期間終了後にUNIPAに掲載いたします。

 

2 短期大学部ビジネス教養学科の授業実施方針について

全ての授業において,9月17日(金)から原則対面授業を行います。なお,対面授業は,教室の収容人数に対し50%未満の履修者数の場合に実施し,収容人数に対し50%以上となる科目は,後学期終了時まで全てオンライン授業となります。各科目の授業実施方法は,近日中にUNIPAに掲載いたします。

 

3 短期大学部食物栄養学科及び専攻科食物栄養専攻の授業実施方針について

前学期同様に,実験・実習・演習科目においては,原則として可能な限り対面授業を行います。ただし,対面授業と同等の教育効果を必要とする科目で,遠隔授業等で代替せざるを得ない場合は,遠隔授業等とします。実験・実習・演習科目の詳細については,食物栄養学科研究室からGoogleClassroomで連絡いたします。その他の講義科目においては,9月17日(金)から原則対面授業を行います。なお,対面授業は,教室の収容人数に対し50%未満の履修者数の場合に実施し,収容人数に対し50%以上となる科目は,後学期終了時まで全てオンライン授業となります。各科目の授業実施方法は,近日中にUNIPAに掲載いたします。

 

4 大学院国際関係研究科の授業実施方針について

講義及び研究指導については,9月17日(金)から教員と学生で相談の上,対面授業を行い  ます。

 

5 スポーツ科目について

新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し,スポーツ科目も後学期は全てオンライン授業とし ます。

 

6 対面授業に対する配慮について

対面授業を行うにあたり,重症化しやすい基礎疾患を有する等登校が困難な学生,対面授業の 受講に不安がある学生に対し,対面授業と同時にオンデマンド教材を配信いたします。詳細は,  各科目のGoogleClassroomを確認してください。なお,対面授業とオンデマンド授業の受講者間での成績評価については,不利益を生じないよう配慮いたします。対面授業で登校し,時間割の途中にオンデマンド授業を受講する場合,学内での受講は,感染リスクを考慮し許可いたしません。オンデマンド授業は,視聴できる期間を設けています。各授業の視聴期間を必ず確認してください。

 

7 対面授業に伴う座席位置の確認について

対面授業の座席位置確認のために,教室の座席に貼付されているQRコードをスマートフォン等で読み取り,必要事項を必ず入力してください。

 

8 対面授業における感染対策について(学生の皆さまが遵守する事項)

対面授業については,換気・消毒・飛沫飛散防止・三密回避など感染防止策を講じた上で行います。学生の皆さまには,以下項目を遵守してください。

(1)「健康観察記録システム」へ体温・健康状態等を入力する。大学側が確認する際,授業出席の8日前から入力がされていない場合は,入構を認めない場合がある。

健康観察記録システム

(2)咳,発熱(目安は37.0度以上)など風邪症状がある場合は,対面授業に出席しない。

(3)教職員の指示に必ず従う。

(4)教室への入室前は,必ず手指消毒を行う。

(5)教室の入退室時は,出来るだけ周りの人と距離を保つ。

(6)マスクは,各自準備の上,常時着用し,不必要な会話は控えること。

(7)着席した際,座席確認用のQRコードを読み取り入力すること。

(8)授業時の空き時間や休憩時に,多人数で集まる等の3密(密閉,密集,密接)の状態が生じないよう留意し,近距離での会話は控える。

 

9 授業実施方針に関する問い合わせ

教務課メールアドレス irb-soudankyomu@nihon-u.ac.jp

 

以  上