新型コロナウイルス感染症対策に係る対応ガイドライン

大学院国際関係研究科,国際関係学部,短期大学部(三島校舎)では,新型コロナウイルス感染症対策について,これまで実施してきた感染症防止対策に加え,基本方針等を以下のとおり定めます。

キャンパスにおいて一人でも感染者が出れば,その者の属していた,あるいは受講していた授業等の参加者全員が自宅待機となり,他の学生等の行動を大幅に制限することにつながります。

学生の皆さんは,自分自身と大切な家族,友人等を新型コロナウイルス感染症から守る行動を自ら積極的にとってください。

 

1 感染症対策に係る学部の基本方針

①感染を防ぐための密閉空間,密集場所,密接場面の「3つの密」の回避をすること。

②感染対策は,感染源と接触しないことが重要になることから,発熱等の症状がある者の入構を基本的に制限します。

 

2 学生が行わなければならないこと

①学生は,毎日,朝・晩2回の検温を実施し,「日本大学健康観察システム」または,「健康観察記録表」に記録し,自身の健康管理に努め,平熱を把握すること。

②発熱(37.5℃以上)もしくは,平熱より0.5℃以上高い場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)は,必ず保健室に連絡した上で自宅待機とすること。

③体調に異常のある場合(咳,のどの痛み,息苦しさ,息切れ,強いだるさ,頭痛,下痢,味覚異常,嗅覚異常など)は,必ず保健室に連絡した上で自宅待機とすること。

④「息苦しさ」,「強いだるさ」,「高熱」等の強い症状がある場合や,発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続いている場合は,「新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の対応」に基づき,かかりつけ医または「帰国者・接触者相談センター」へ必ず連絡し,同時にその状況を保健室に報告すること。

⑤通学が可能となるのは,解熱後(平熱に戻ってから)4日を経過し,発熱以外の症状についても改善していること。かつ,最初の症状(発熱または発熱以外の症状③)が発症してから少なくとも8日以上が経過していること。

⑥体調が回復し,通学する際は,必ず保健室に連絡すること。※ 「発熱時の対応表」を参照

⑦通学後,授業中に体調不良となった場合  → 担当教員に速やかに申し出ること。

   通学後,授業以外で体調不良となった場合 → 速やかに保健室に電話連絡すること。

⑧キャンパス入構時には,マスクの着用とこまめに手洗いを行うこと。教室入室時には,必ず手指の消毒を行うこと。

⑨自分の行動を記録(把握)すること。※「日本大学健康観察システム」への入力,または,行動記録表の活用

3 授業,窓口業務での対応

①学生が体調不良を申し出た時には,教職員は速やかに保健室に電話連絡をすることとします。

②授業中は教員,学生の双方がマスク着用を原則とします。

③発熱者が発生した場合は,保健室ではなく(本校舎においては,屋外の特設コンテナ・北口校舎は,エントランスに設置したテント等,風通,換気の良い場所)で,保健室担当者(看護師)が防護対策を講じて対応に当たります。

4 保健室連絡先

(電話番号)本校舎: 055-980-0851 三島駅北口校舎: 055-980-1925

(E-mail)  irb-hokenshitsu@nihon-u.ac.jp

 

以   上