就職活動による授業欠席届

Notification of Class Absence Due to Job-hunting

「就職活動による授業欠席届」に
おける注意事項

改訂版(平成29年4月1日施行)

  1. 「授業欠席届」の取扱いは、各授業の担当教員の判断に委ねられています。
    欠席届を提出すれば出席扱いになるとは限りませんので、担当教員と十分に連携を図ってください。
  2. 授業を就職活動のため欠席する場合は、事前に担当教員にその旨を伝えてください。
  3. インターンシップ等の就業体験による授業の欠席はこの対象ではありません。
  4. 「訪問先企業証明印」のないものは無効となります。
    企業によっては代わりに「証明書」を用意しているところもあります。
    原則「訪問先企業証明欄」は、社印(会社で用意している印鑑)とし、企業証明欄が企業担当者の手書きのサイン・個人印の場合は、名刺をいただいて来てください。いずれも受領できなかった場合、開催通知や開催メール文書(氏名、開催日、企業名が明記されているもの)を添付してください。なお、名刺の場合はその名刺に就職指導課印を直接押させていただきます。(複製防止のため)
    ※授業欠席日より1か月以上経過した場合は、就職指導課の「承認印」は押すことができません。
  5. 会社訪問当日に複数科目の授業を欠席する場合、用紙の「授業担当者」と「授業科目名」は記入せずに、1枚にだけ「訪問先企業証明印」をもらってきてください。(後日、就職指導課で承認印をもらう際に、複数科目の授業を欠席した旨を申し出てください。就職指導課員が、企業証明印のある授業欠席届を欠席した授業科目数分コピーし、それぞれに承認印を押します。)
    ※就職指導課には、必ず企業証明印・本人印を押したオリジナルを持参して下さい。(コピー不可)

重要

使用方法は、就職指導課で説明を聞いてから使用して下さい。

手続きの流れ

1 「就職活動による授業欠席届」の用紙を就職指導課で受領する
2 あらかじめ必要事項を記入・押印 (見本を確認)する
注意!(1日に複数科目の授業を欠席する場合は「授業担当者」「授業科目名」は空欄にしておく)
3 会社訪問時に「訪問先企業証明欄」に証明印もらう
4 就職指導課で承認印をもらう
必ず、企業証明印(オリジナル)をもらう 又はそれに準ずる書類(開催通知・呼出通知等)を持参する
書類に不備が無ければ→就職指導課にて必要授業科目数分のコピーをとります
コピー後に「授業担当者」「授業科目名」を記入する → 「就職指導課証明欄」に承認印を押印します
5 担当教員へ提出する
提出期限:原則として、就職指導課で承認を受けた日から一週間以内です

就職活動による授業欠席届