HOME > 学部・短大・大学院 > 短期大学部 > 食物栄養学科

食物栄養学科

本学科は栄養士養成施設校として厚生労働省の認可を受けており、卒業と同時に「栄養士資格」が取得可能です。健康志向が高まる中、より一層重要性が増す「食と栄養」の高度な知識と技術を無理なく修得できるカリキュラムを設けています。校外実習も豊富に実施し、即戦力として成長できる環境です。

  • 概要・特長
  • カリキュラム
  • 卒業後の進路
  • 地域連携

食物栄養学科の魅力は栄養士の資格以外にも様々な資格が取得でき、専攻科へ進学することで管理栄養士の資格にもチャレンジできるところです。講義では実習の他に栄養価計算・調理特性・栄養摂取法・調理法、人体の仕組みや栄養素の吸収、構造などについても学びます。

食に関する仕事に就きたくてこの学科を選びました。食物栄養学科は主に生物学や化学などのほか食物に関係する様々な内容を学びます。また、実験や実習が多く、とても充実しています。

食物栄養学科では、栄養士になることを目指し、常に切磋琢磨しています。お互いに高め合うことで目標に向かって頑張れる学科です。先生方のサポートも充実しています。私は、管理栄養士の資格取得を目標に、編入学を目指して日々成長していきます。

食物栄養学科は栄養士の資格だけでなく、製菓衛生師やフードスペシャリストなどの資格も取得できることが魅力です。先生方が専門的なことも優しく分かりやすく説明してくださるので、文系出身でも安心して講義を受けられます。私の目標は、実家の農業を6次産業化することです。多くの方にいろいろな形で食べていただきたいです。

入学前、休日に学校へ訪問したにも関わらず、ある先生に丁寧にご対応いただき、この出会いに感激し、入学を決意しました。私は管理栄養士を目指しており、小・中学校の給食を作る仕事に就きたいと思っています。子供たちに、家庭的な温かいごはんを美味しく食べてもらい、笑顔を見ることが夢であり目標です。

ページトップへ